◎「猿楽祭2018」での都市楽師プロジェクト
多彩な“住人”たちが共につくりあげる代官山の秋の風物詩「猿楽祭-さるがくまつり」。14回目を迎える今年のテーマは「マクリヒロゲル猿楽祭」。都市楽師プロジェクトがこのお祭りに初めて参加したのは2011年。世界的に貴重なモダニズム建築群。建築と広場と路地が土地の記憶と共にミニマルに美しくある風景。贅沢な空間には贅沢な音の環境があります。今年は、恒例の「中世の音楽隊 ヒルサイドテラス横断ツアー」、「音から代官山ヒルサイドテラスを観察するワークショップ」とともに、1年に1日だけ出現する「喫茶ストラテ」での古楽のミニ演奏会の3本だて。終日時間をとって遊びに来てください。※「マクリヒロゲル」とは、ヒルサイドテラスと縁の深いデザイナー粟津潔さんによる「すべての境界を取り除いて展開すること」を意味する造語です。猿楽祭の全体については猿楽祭のウェブサイトをご覧ください。



■中世の音楽隊 ヒルサイドテラス横断ツアー 
バグパイプなどの楽器を奏でる「中世の音楽隊」が、お祭りで賑わうヒルサイドテラスの路地をぬって練り歩き、人の集まる広場では即席音楽会を開きます。古きヨーロッパを国から国へと旅をしていた放浪楽師のごとく、ヒルサイドテラスを縦横無尽に横断する「中世の音楽隊のツアー」。ツアー中の楽隊について行ったり、少し遠くから感じたりしながら、楽隊が、ヒルサイドテラスの空間とつくる音の響きを味わってみてください。空間と呼応しながら刻々と変化する楽隊の音色に耳を澄ませば、アコースティックな祝祭のまちの雑踏を味わう感覚に出会えます。

出演:レ・ミュジシャン・バラドゥール(バグパイプ隊+パイプ&テイバー隊)
1 0月7日(日)8日(祝)11時頃〜16時の間ときどき 雨天中止
会場:ヒルサイドテラス全域+デンマーク大使館中庭



■音からヒルサイドテラスを観察するワークショップ
代官山のまちを音から感じるためのフィールドワーク&ワークショップ。耳を澄ましながら代官山ヒルサイドテラスを中心にまちを観察して歩いて、まちにあふれるいろんな音を、「オノマトペ」でひろってあつめて、いろいろな人が集めてきた「オノマトペ」で、ひとつの音の地図をつくります。まちがもつ音の風景(サウンドスケープ)を発見するワークショップ。耳の邪魔にならない範囲で、ちょっとした建築やまちの解説も。散策範囲:ヒルサイドテラスとその周辺/所用時間:約60分/ガイド:鷲野宏(都市楽師プロジェクト主宰)ほか

10月7日(日)8日(祝・月)14:00集合 1時間程度 雨天中止
集合:ヒルサイドテラスF棟インフォメーション前



■「喫茶ストラテ」でのミニ演奏会
普段は立ち入ることのできないヒルサイドテラスE棟3Fに、お祭りの日に1年に1日だけ現れる「喫茶ストラテ」。南面傾斜地に立つモダニズム建物からの眺望は必見。そんな特別な空間で、古のヨーロッパ音楽の投げ銭ミニ演奏会をおこないます。建築と眺望と音楽とバリスタ阪出氏のコーヒーとりんごジュースでのおもてなし。演奏は各20分程度で投げ銭制。演奏前少し余裕をもってお越しください。

10月7日(日)13:10− 「アイリッシュハープで聴くアイルランド」田中麻里
10月7日(日)15:30− 「大小様々なリコーダーの優しい音色」大喜多陽子
会場:ヒルサイドテラスE棟3F33

※喫茶ストラテの営業時間は13:00−17:30です。
※お帰りの際に投げ銭お願いします。



<代官山ヒルサイドテラスへのアクセス>
東急東横線「代官山」駅下車徒歩3分。